電脳せどりの仕入先

電脳せどりの仕入先として、
欠かすことができないところがあります。

それがYahoo!オークション(ヤフオク)とアマゾンです。

ヤフオクとアマゾンとでは、
顧客の属性が異なるため、せどりが成り立つわけですが、
せどりを始めたばかり、
あるいはこれから始めようという方にはあまり理解されない様子です。

×ヤフオクは個人出品であり、アマゾンは法人出店である。

こういう理解の方もまだいらっしゃいますね。
決してそういうわけではありませんが。

つまり、個人よりお店で買った方が安心だという感覚でしょう。
オークションでは個人情報を晒すリスクもありますし、
きちんとした商品が送られてくるか分かりませんし、
詐欺に引っかからないとも言えない。

そんな気持ちが、
値段が少々高くてもアマゾンで買うということにつながるのでしょう。

オークションはできるだけ安く買いたい人が利用し、
アマゾンはきちんとした物を買いたい人が利用する。
それが属性の違いです。

よって、ヤフオクを仕入先として捉えれば、
商品のコンディションの面でのリスクはあるものの、
ヤフオクで安く仕入れた商品をアマゾンで適正価格で売れば
差益を得られることは自然なことです。

また、アマゾンでは適正価格ではない
著しく安い値付けで出品する出品者もいます。
適正価格を理解しておらず、
自分を最安値にしないと気が済まない出品者がターゲットとなり、
その商品を一気に買い取ってしまって、
適正価格で出品し直し、差益を得ることも可能です。

こちらはアマゾンの手数料分を加味し、
出品し直してから売れるまでの期間と
別の出品者がさらに相場を崩すリスクなどがあるため、
ある程度の資金力なども兼ね備える必要が出てくることから、
レベルの高い手法かもしれません。

しかし、アマゾンを仕入先として考えることも
できなくはないということです。

ここではヤフオクとアマゾンに限定しましたが、
売買される場所はたくさんあるわけで、
それぞれ毎に顧客の属性が異なるため、
仕入先はたくさんあるということになり、
せどりはずっと成り立つと考えられます。

     
[最終更新日]2013年12月23日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ