FBAサービス 基本的な考え方

最近、メディアカテゴリのFBAサービスが再開したことで、
情報収集に当たっている人が多いようです。

私の基本的な考えは、「最上級のサービスを提供すること」に尽きます。

アマゾンで買い物をされるお客さまは、比較的、お金を持っている層です。
値段よりも体裁や状態にこだわります。

「ここまで丁寧にするべきかな?」と思うなら、そうしてください。
経営者として、それがお客さまに対して提供すべきだと感じたのなら、
迷うことなく実行してください。

例えば、新品のCDやDVDを取り扱うのなら、
シュリンク(本体を包んでいる薄いビニール)に
FBA納品の在庫管理ラベルを直貼りするのは完全にNGです。

(きれいに剥がせるラベルの使用が最低ラインです。)

また、値段よりもサービスを重視される傾向が強いということもあり、
1円の値下げは意味がないと思ってください。

主婦などがチラシを比較して、
1円でも安いスーパーに行くという話がありますが、
アマゾンで買うお客さまには、そういう人は少ないです。

アマゾンは特別であり、属性が違うことに気づいてください。
そもそもせどりが成立しているのは、そういう理由だと気づいてください。

ちょっと気を抜くと、すぐに評価は3以下がつきます。
そして、FBA利用者にとって、それは致命傷になります。

ちなみに・・コンディションガイドラインもしっかり守りましょう。

先日、出品価格を間違えたらしい商品を発見しましたが、
即購入しました。(俗に「刈り取り」と言うやつですね。)

「新品」を買ったのに、「ほぼ新品」が到着しました。
私がその出品者に評価をつけるなら、2以下です。

その出品者・・新規出品者なんですよ・・。
私が1をつけたらどうなるか分かりますよね?

しばらくは誰もその出品者から買わない状態になりますから。
致命傷とはそういうことです。

くれぐれもお客さまへの気遣いを忘れないでください。

せどりは宝探しゲームではありません。
商売です。

     
[最終更新日]2013年12月22日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ