改めてせどり風神の可能性を感じた

せどり風神のセミナーを聴いてから、すっかり魅せられ、
ブックオフにも行くようになりました。

まず入店してすることは、せどらー探しです。

必ずせどらーに遭遇しますね。

すると私は仕入れの様子をしばらく観察します。
立ち読みしているスタイルで、
視線は本ではなく、せどらーに向いています・・。

せどらーを観察して感じることは共通していますが、
1)ビームかiPhoneを使っている
2)堂々とスキャンしている
3)リサーチが遅い

1)については、もはや携帯の人はいないのでしょうか。
2)については、みんな慣れてますね。
3)については、せどり風神を使っていないのでしょうかね。

iPhoneの人の場合、
バーコードを写真撮影する感じで当て、
ピントが合ってから読み込んでるみたいで、
タイムラグが気になりましたね。
ビームの人でもKDC200っぽくない、
長細いものを使ってる人もいるんですね。

何を使うにしても、
ビーム自体は手入力する代わりに数値を読み込むだけなので、
読み込んだ内容を検索して結果を出力するツールの方が大事なわけで、
せっかくビームを4万円くらい出して使ってても、
その大事なツールを仮に無料で使えるものでやるとか、
意味不明な話になりますよね。

とりあえず、「あの人すごいかも」と感じる人には出会わなかったし、
リサーチが遅いせどらーが多い印象なので、
まだまだ稼げる環境だなと感じました。

結局、中途半端に手を出して、満足に成果が出ずに失望し、
撤退していく人もたくさんいるわけなので、続けることが大事です。

最終的には、稼げるかどうかというのはマインドの話になってくるはずですが、
稼ぎたい人ほどノウハウにのみ着目して、
マインドはおざなりという場合が多いような気も。

>>「せどり風神」はこちら<<

     
[最終更新日]2015年04月08日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ