情報商材に対する誤解

こういう質問を頂くことがあります。

質問「〇〇という情報商材が19,800円で売っています。これはどうでしょうか?」

みたいな質問です。

セールスレター(販売ページ)に興味を持って、
「買おうかな・・」と思っているということだと思います。

そして、その反面、「この値段で買って、元が取れなかったらどうしよう・・」
とも思っていますよね?

その気持ちは分かるのですが、
例えば、本を買うときに「元が取れる」という感覚はありますか?

多分、そういう感覚はないと思いますが・・。

本を買うのは、知識を増やしたりする自己投資ですよね。
元を取るという感覚ではないはずです。

情報商材はPDFファイルのものであれば、
本と変わらないという認識です。

読んでみたいと思えば、買って読めばいいのではないでしょうか?

「でも・・高いし・・」と金額に着目するのであれば、
買わなければいいだけです!

ノウハウ系の情報商材って、結局はそういうことだと思います。

「ノウハウコレクターは悪者」みたいな風潮もありますが、
別にノウハウコレクターだっていいんじゃないでしょうか。

本をたくさん読めば勉強になりますし、
良し悪しだって分かるようになります。

ダメなのは、「この情報商材を買って、一発逆転してやるぜ!」
という感覚だと感じますね。
宝くじを買うわけではありませんので。

100%当たるという期待をして宝くじを買うかの如く、情報商材を買うから、
当たらなかったみたいな感覚になるのではないかと思いますね。

それともう一つ。
レビューや口コミの存在についてです。

これはもう「百聞は一見に如かず」に尽きますね。

Aさんにとっては良くないと感じても、
あなたにとっては良いと感じることだってあります。
あなたがAさんのことを好きだとしてもです。

その情報の良し悪し(価値)は、
あなた自身が判断する以外の方法はありません。
そして、きちんとした判断ができるようになるには、勉強すること。
これだけです。

で、ここで「価値観」というキーワードを出してみますね。
この記事を読んでみて、共感してくれたとすれば、
あなたは私と価値観が共有できているということになります。

あなたがたくさんあるブログやメルマガの中から、
どれかを選ぼうとするとき、この価値観を大事にしてください。

ネットの世界であっても、リアルの世界と何ら変わらないということです。

     
[最終更新日]2013年12月22日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ