wpXクラウドの評判と契約方法の動画付き解説

こんにちは、近ドです。

今回はレンタルサーバーの契約方法についてです。

トレンドアフィリエイトを実践する上で、
サイトの状況に合わせて拡張できる「wpXクラウド」は、
とても評判が良いので無視はできません。

wpx16

ということで、「wpXクラウド」の契約方法について、
記事にまとめてみました。

wpXクラウドの契約方法の解説動画になります。

wpXクラウドの契約方法の画像を使った解説は、
以下のとおりです。

wpXクラウドのサイトへアクセス

まずは、wpXクラウドのサイトへアクセスします。

「wpXクラウド」のサイトはこちら

検索エンジンからアクセスする場合は、以下を参考にしてください。

wpx00-1-1
ya99
wpx00-2-1

wpXクラウドを選択して申込む

サイトへ遷移すると、wpXには「レンタルサーバー」と「クラウド」の
2種類のサービスがあることに気が付くと思います。

今回はwpXクラウドの話になりますので、
wpXクラウドが選択されていることを確認の上、
「新規お申し込みをする」をクリックします。

wpx01-1
ya99
ここで申込みの流れを掴みましょう。

wpx02-1

確認出来たら、「お申込みフォーム」をクリックします。

ya99

利用規約及び個人情報の取扱いに同意する

wpx03-1-1

wpXクラウドの利用規約及び個人情報の取扱いを確認の上、
「同意する」をクリックします。

ya99

メールアドレスを登録する

wpXクラウドを利用するに当たり、
メールアドレスを登録します。

wpx03-2-1

※過去にメールアドレスを登録したことがある場合は、エラーメッセージが表示されますので、別のメールアドレスを使用することになります。

wpx03-3-1-1

ya99
wpx04-1
ya99

「お申し込みメールアドレスの確認」をする

登録したメールアドレス宛にメールが到着しますので、
お申し込みURLをクリックして、先に進みましょう。

wpx05-1-1
ya99

サーバーIDを決定する

任意の文字列を入力して、サーバーIDを決定します。
独自ドメインを利用しない場合、「http://[サーバーID].wp-x.jp」が初期ドメインになります。

wpx06-1
ya99

「このサーバーIDは申し込むことが可能です!」と表示されればOKです。

wpx07-1-1
ya99

会員情報を登録する

氏名、住所、電話番号など必要事項を入力します。
「インフォーメーションメールの配信」は、希望するにチェックをつけておくことをお勧めします。

wpx08-2

グレードは、最初は「グレードA」で構いません。
ブログが育ってアクセス数が増加したら、対応できるグレードにアップしましょう。
この柔軟性こそが「wpXクラウド」の最大のメリットになります。

ya99
wpx09-1-1

内容を確認の上、会員登録を確定します。

ya99
wpx10-1
ya99

会員情報の登録が完了する

無事、登録が完了するとメールが到着しますので、内容を確認します。

wpx11-1-1

管理パネルのURLは、今後アクセスするURLとなりますので、
ブックマーク登録するなどしておきましょう。
ya99

サーバーアカウントの設定が完了する

同時にサーバーアカウントの設定完了のお知らせも到着します。
試用期間が記載されていますので、チェックしておきましょう。

wpx12-1-1
ya99

wpXクラウドへログインする

すでに登録は完了していますが、
念のためログインして確認しておきましょう。

wpx13-1
ya99

「WordPressがインストールされていません。」と表示されますが、
上部に会員IDとサーバーIDが表示されていればOKです。
wpx14-1-1

以上、wpXクラウドの契約方法の解説でした。

     
[最終更新日]2015年08月18日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ