せどりで成功するためには?

せどりで成功するためには理解しておくことがあります。

聞けば、それは当たり前のことなのですが、
意外とできていない人がいるのも事実です。

今回はその辺りのことを考えてみましょう。

安く仕入れて高く売ること

これは商売の基本です。
具体的には小売業ということになると思います。

せどりは小売業。

つまり、決して突拍子もないビジネスではない、ということです。

例えば、魚屋さんを考えてみましょう。

魚市場で魚を仕入れ、それを店舗で売り、差益を稼ぐ。

これに対して、せどりはブックオフなどで仕入れ、
アマゾンなどで売り、差益を稼ぐ。

細かいことを言えば違いはありますが、
大筋は同じと言っていいと思います。

そういう意味では、まずは安心できる商売と言えるでしょう。

なぜなら「ネットビジネスで稼ごう」と考えた時に、
何だか難しいことをしなければいけないという気もしますが、
決してそうではない。
ただ、当たり前のことをやるということだからです。

手間暇かけて売れそうな商品をできるだけ安く仕入れる。
商品価値を考え、ニーズを考え、売値を設定する。 etc

しかし、商品が売れても利益は少なく、
仕入れを続けなければ事業は成り立たないという現実に直面します。

だから、安易に始めてはいけない。
だから、私はせどりをやるかどうかを1か月も検討しました。

これは、たとえ「副業として月に数万円稼ごう」というレベルだとしてもです。

だって、数万円と言っても、1回きりと考えてませんよね?

求めるものは定期収入なわけですよね?

毎月少なくても継続した収入を得ることをしたければ、
しっかりと計画を立てる必要があります。
そうでなければあっというまに挫折(破たん)してしまいます。

なぜなら、せどりは商行為だからです。

せどりを始める人は多いが続かない人も多い

せどりをやっている人(=せどらー)のブログを読みと、
成功している方のほとんどは同じことを言います。

ネットビジネスって、
ネットでちょこちょこっと何かすればいいと考えているような、
楽して稼げるようなそんなイメージはないですか?

なんでそんなこと言うのかと言えば、
一昔前まで私自身がそんな感じで考えていたからです。

でも今は、こう考えています。

「せどりで成功する」ということは、
例えるなら「個人商店の魚屋さんが繁盛している」ということだと。

そもそも個人商店の魚屋さん自体、少なくなってきていますし、
さらにその中でも繁盛しているお店がどのくらいあるのだろうかと考えれば、
それはせどりで成功する可能性が低いことと同じと言わざるを得ません。
(例えが下手かもしれませんが・・・)

しかし、実際には、月200万円とか稼ぐ方がたくさんいらっしゃいます。

それが事実です。

何をもって成功と呼ぶかは各々違います。

例えば、毎月数万円を定期的に得るのを目的とするのなら、
私はすでに成功しています。

しかし、現状維持で満足できるわけがありませんよね?
今月10万円稼げたら、来月は12万円くらいを目指しませんか?

だから私は今日も業務に励んでいます。

「継続することこそ成功への近道」

みんなが知ってる当たり前のことです。

成功しているかしていないかの違いは、
結局はやっているかやっていないかだけなんですね。

当たり前のことこそ真理なのでしょう。

     
[最終更新日]2013年12月23日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ