ヤフオク!で仕入れて感じたこと

ヤフオク!から
複数件で数万円の仕入れを行いました。

久しぶりです。

ほとんどオークションストアを
取引先として選んでいるのですが、
今回は個人をターゲットに仕入れました。

しかし、取引の過程で
気になることがありました。

商品を送ってもらう関係上、
住所・氏名・電話番号くらいは伝える必要があるわけですが、
出品者は名前すら名乗らない人が多く、
これには驚きました。

どこの誰べーか全く分からない。

決済するために教えてもらう
銀行口座の情報の一部として、
口座名義人が分かりますが、
ふつうは冒頭に「出品者の〇〇と申します。」
とあるのが常識ではないでしょうか?

そして、文末に署名があって、
住所・氏名・電話番号などを書いておくものではないかと。

こういう人は
オークションをビジネスと思っていない
ダメダメ君でしょう。

そう思いながら改めて評価を確認すると・・
やはり悪い評価がある程度ついてますねぇ。

相手に名前を聞くなら、まず自分も名前を名乗る。
相手に住所を聞くなら、自分も署名に住所を入れておく。
相手に電話番号を聞くなら、自分も署名に電話番号を入れておく。

そういうことが
当たり前にできていないと
ダメだと思いますが、
そんなことができない相手に出会ってしまった時は、
感情的にならずに大人の対応をしつつ、
こうやってブログで吐き出します・・。

オークションは商行為(ビジネス)って感覚、
あなたにはありますか?

     
[最終更新日]2015年02月02日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ