「アフィリエイトとは?」始め方をきっちり細かく確実に

こんにちは、近ドです。

今回から「アフィリエイト」について、初心者さんでも基礎から分かるように解説してみます。

基礎からきちんと学ぶことで、もやもやしていたものがスッキリして、突き進むことができるようになります。

まずは「アフィリエイトとは?」について、動画で正しい知識を身に付けてください。

アフィリエイトとは、広告主と提携して、その広告を紹介し、成果があれば報酬を頂くビジネスのことです。

広告について

広告には、その広告主のイメージアップを目的とするものやいつどこで何をするのかを案内するもの、商品やサービスを売るためのものなど様々な目的があります。

その目的を果たすため、広告主は新聞、雑誌などの紙面やテレビCMなどの映像で広告するだけでなく、他にも様々な媒体で広告することを行います。

例えば、スポーツ競技の際には、ユニフォームに会社のロゴを入れてもらったり、バスの車内音声で社名を読み上げてもらったりとたくさんの広告があることに気が付きます。

それらの広告のひとつとして、インターネット上でも同様に、文字や画像などを用いて、広告を掲出するということです。

インターネット上の媒体について

では、インターネット上の媒体について考えてみましょう。

インターネット上にある媒体として、まず思いつくものは「ブログ」だと思います。

ブログはたくさんの人がやっていますので、そのたくさんあるブログに広告を載せられたら、広告主としてはとてもありがたいということになります。

ブログを用いてアフィリエイトをしていますので、これを「ブログアフィリエイト」と呼びます。

他にもメールマガジンに広告を掲載すれば、「メルマガアフィリエイト」と呼んだりします。

その媒体が何なのかで、このような呼称をしますが、基本的な考え方は同じものです。

広告の形態について

アフィリエイトで扱う広告には、主に次の3つの形態があります。

1 成果報酬型

これは、商品やサービスを売る目的で広告し、その広告から成約されれば、広告を掲出した媒体に対して、成果報酬が発生するというものです。

広告が掲出されていたとしても、商品やサービスが売れなければ、広告主は報酬を支払いませんので、広告主としては広告費に無駄がなく、とてもありがたい広告だと言えることになります。

また、媒体に広告が掲出されていれば、仮に成果が発生しなかったとしても、露出効果は少なからずありますので、広告効果としては有益だと考えられます。

2 クリック報酬型

こちらも成果報酬型に似ていますが、広告をクリックされただけで報酬が発生するものです。

大抵の場合、広告をクリックすると広告主のサイトにジャンプしますので、そこで何か見てもらいたいものを見せるだけで、広告主としてはメリットになるとの考えのもと、広告費を支払うというものです。

あるいは、広告主もたくさんいますので、アフィリエイトしてくれる人(=アフィリエイター)が集まりにくい場合もあります。

そういう場合、少しでも報酬を支払う形にして、アフィリエイターに広告を掲出してもらいやすくしているということもあるようです。

いずれにしても、クリックするだけで報酬が発生するものなので、単価は1円~数十円と安いのが特徴です。

3 表示報酬型

こちらは、一定期間、所定の広告を掲出することで、定額で支払われたりするものなどがあります。

イメージとしては、雑誌などの広告に近いもので、媒体の広告スペース分を報酬として支払う感じです。

アクセス数(訪問者数)の多い媒体であれば、広告主やASP(後述)の方から、個別にお願いされることもあります。

ASPの役割について

ところで、ブログアフィリエイトの場合を考えた時、広告主1社とブログをやっている大勢とが、どうやって提携するのか、疑問に感じると思います。

それに広告を出したい広告主は何も1社ではなく、むしろたくさんいますので、その間を取り持ってくれる担い手がどうしても必要になってくるわけです。

また、成果報酬型にしても、クリック報酬型にしても、その媒体の広告から成果が発生したのか、きちんと把握する必要が出てきますし、報酬の支払い事務なども生じますから、それは結構な作業になることが想像できます。

そのため、それらの管理を含めて、間を取り持ってくれる事業者を「ASP(エー・エス・ピー)」と言います。

※ASP=アフィリエイト・サービス・プロバイダ

ASPは広告主を集めてきます。

また一方でアフィリエイターも集めてきます。

そして、双方を引き合わせる役割を担います。

アフィリエイターがお客様を獲得したら、あらかじめ決めた成果報酬を広告主から受け取りますが、その割合に応じて、ASPも手数料を受け取ります。

つまり、三者がWIN-WIN-WINの関係になっているわけです。

そのため売り上げを拡大するために、ASP主催で勉強会を開催したりして、広告主が欲しいお客様について理解したり、成約しやすいサイトの作成方法を学んだりとアフィリエイターに対する支援も厚くなっています。

まとめ

このように広告にはいくつかの形態がありますが、共通していることは、あなたが持っている媒体に広告を掲出して、その広告を見た訪問者がアクションを起こすことで、あなたに報酬が発生するというものです。

つまり、アフィリエイトを行うには、以下の流れで進めることになりますので、きちんと要点を押さえておきましょう。

1.インターネット上にあなたの媒体を作る
2.ASPに登録し、広告主と提携する
3.広告をあなたの媒体に掲出する


以上について、理解できましたか?

理解できたら、ポチっとしてくれると喜びます^^

もし、分からないことがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

     
[最終更新日]2015年02月10日

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ