レンタルサーバーと独自ドメインの概要を理解する

こんにちは、近ドです。
今回はレンタルサーバーと独自ドメインについて解説します。

ワードプレスでブログを始めたり、HTMLサイトでサイトアフィリエイトを始めるには、レンタルサーバーと独自ドメインが必要になります。

最初は戸惑うこともあると思いますが、身に付けるべき知識となりますので、きちんと理解しましょう。


028

レンタルサーバーとドメインについては、それぞれ様々な運営会社がありますので、比較検討しましょう。「アフィリエイトをするため」と目的を限定すれば、選択肢は多くありません。

無料サーバーと有料サーバーが存在する

無料ブログサービスがあるのと同様に、サーバーについても無料サーバーサービスが存在します。(※「無料ホームページスペース」と呼ぶこともあります。)

こちらも無料ブログサービスと同様に広告が関係してきます。「無料」で使えるということは、広告があちこちに表示されたり、使用できる容量が小さかったりと何かと制限を受けるのは想像できると思います。

アフィリエイトは広告を掲載して稼ぐビジネスです。

無料サーバーの運営会社が表示させた広告があることで、その広告に収益を持っていかれることも考えられます。

また、それ以前に、予期しない広告が表示されてしまうことで、せっかくブログやサイトに訪問してくれても、すぐにページを閉じられることも想定されます。(※すぐにページを閉じられることを「直帰する」と言います。)

一方、有料サーバーですが、月額数百円からレンタルすることができます。ここ数年で容量に対する利用料がかなり下がっていますので、負担もさほどなく、利用することができるはずです。

また、運営会社の広告なども気にせずに使えますので、あなたのアフィリエイト広告だけを効果的に掲載することができます。

注意点としては、アダルトアフィリエイトを行う場合については、利用できるサーバーが限られますので、規約などを確認しましょう。

これからネットで稼いでいくためには、有料サービスは避けては通れません。必ず有料のサーバーを契約するようにしましょう。

ドメインはインターネット上の住所

ドメインはインターネット上の住所(家)になりますが、これは世界中で1つしか存在しません。

日本の住所の場合、例えば「〇〇町16番地」という同じ地番でも数軒の家が存在することもありますが、インターネット上ではそれはなく、必ず1つになります。

そして、取得するには、ムームードメインやバリュードメインなどのドメイン登録業者で行います。

また、ドメイン登録という言い方をするように、世界で1つのドメインを管理するところがあります。日本で言えば、法務局みたいなものですね。

この辺りの知識は、アフィリエイトをする上ではあまり重要ではありませんので、気楽に考えてもらって大丈夫です。自然と理解できるようになっていきますので、安心してください。

新規ドメインと中古ドメイン

大まかな分類として、新規ドメインと中古ドメインに分かれます。

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”sq”]・新規ドメイン =過去に登録が一度もないドメイン
・中古ドメイン =過去に登録されたことがあり、現在は使われていないドメイン

(※中古ドメインを「オールドドメイン」と呼ぶこともあります。)[/colored_bg]

そして、特に日本語のものを日本語ドメインと呼びます。
(※オールドドメインの日本語ドメインももちろんあります。)

あなたがブログを構築するためにドメインを取得するなら、最初は英文字の新規ドメインを取得することで問題ありません。

トップレベルドメインについて

143
トップレベルドメインとは、ドメイン名の後ろにつく「.com」や「.jp」などのことを言います。

ドメインに関しては、「SEO的に有利なのは何?」といった疑問がつきません。

そのため「結局どれにすればいいのか?」と迷ってしまって、時間ばかり過ぎてしまう方もいるかもしれませんが、自分のブログを作るためであれば、どれでもほとんど変わりがありませんので、お好きなものを選べばいいと思います。

もちろん、サイトアフィリエイトなどを実践する場合には、若干のテクニック的なことはありますが、それは別のカテゴリーにて取り挙げていきます。

レンタルサーバーと独自ドメインを利用する

■ おすすめの有料サーバーはこちら(編集中)

■ おすすめのドメイン登録業者はこちら(編集中)


     
[最終更新日]2014年12月22日

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ