パクッてくれてありがとう

この記事は1分で読めます

tuho

昨夜、切り口を変えてみた動画を
YouTubeにアップしてみました。

それから数時間後・・

あれ?
何かかぶってるな~って感じたので
よくよく見たら・・パクリじゃん!!

見事にパクられました!

でもね、なんだか嬉しくなりました。

パクられるということは、
悪くないところを行ってるのかな、なんて。

こうやってネタにもできるしね^^

そして、せっかくなので、
著作権侵害の申し出をしてみました。

YouTubeのことは
何でも詳しく知っておきたい。

↑ ↑ ↑

この欲求を満たすために行いました。

でも、普段はこんなことしないです。
そもそもやるものではないです。

後ろ向きな行動の一種でもあるので、
その分を前向きな動画作成に
充てるべきだからっすね。

それにパクられた動画自体、
クオリティが高いわけでもないので。

ただ、パクられた際の対処方法を
自ら体験しておくとドンと構えられます。

通報できることは知っていても
通報したことがある人は少ないはず。

だから、

「知っているとできているは違う。」

小玉さんの21個のマインドセットを
自分の行動に落とし込むとこんな感じに。

さて、この話の続きは
後ほどまとめるとして、
このパクり事案の先には、
何となく可能性を感じました。

そのパクりチャンネルには
たくさんの動画がアップされてます。

おそらく、全部がパクリなんでしょう。

だから・・

・その元動画のチャンネルを探して・・

・パクリチャンネルそのものを・・

ヤフオクを芋づる式にリサーチする、
昔のノウハウにどこか似ている。

そんなYouTubeは面白い!

もし、YouTubeに興味があるならどうぞ

http://nonnon5010.info/link/land-youtuber/

関連:パクられた動画のその後の話

  • 2014 09.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. masakao
  2. 2014-08-22
  3. question001
  4. 0811ct
  5. l_160
  6. 0812ct

このサイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アーカイブ

Twitter