新品雑誌せどりの注意点

最近、「新品雑誌せどり」というものがありますね。

その名の通り、新品の雑誌を仕入れて、
アマゾンで出品するということです。

例えば、こういう雑誌でしょうか。


この記事作成が6/19です。
現在の中古最安値が1,099円+送料250円=1,349円です。
ちなみに発売日が6/14で、定価が590円です。

分かりますか?
プレミア価格での販売です。

ところで、本カテゴリーを新品で出品する場合は、
定価にしなくてはいけないルールがあります。
法律で決まっていて、本はどこで買っても同じ価格なんですね。

しかし、中古扱いになれば話は別です。
いくらにしても構いません。
プレミア価格にしても・・問題はありません。

ただ、購入者であるお客さまの心証の問題があります。
「中古なのに新品より高い」
「足元を見ている」

東日本大震災の直後、乾電池が急騰したことは記憶に新しい出来事です。

「買う側は、値段を見て、高いのを分かって買うのだから問題ない」
そういう思考の持ち主は、きっと失敗するでしょう。
なぜなら、きっと出品コメントがお客さまの感に障るコメントになるからです。

この記事をもう一度読んでほしいですし、
出品コメントにどれだけ命かけてますか?

この本も読んで勉強してほしいですね。

 ↓  ↓

現代広告の心理技術101 (ダイレクト出版)

     
[最終更新日]2014年06月30日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ