アマゾンの出品者評価で久しぶりの「3」

アマゾンの出品者評価「3」は、
パラメータ上、良くない評価となるわけですが、
1年以上経つと購入者ページでは、
復活した感じに見えるようになります。

私も「過去12か月で100%の高い評価」に回復したところでした。

しかし・・・
やはり100%のままで継続するのは、なかなか難しいものです。

「3」の評価がつくということは、商品が売れたということであり、
商品が売れることは、販売者にとって望ましいことなので、
「3」の評価がつくことにビクビクしているわけにもいきません。

ただ、だからと言って「3」以下の評価がついた場合は、
何もしないのではなく、必ず何かしらのアクションを起こしています。

具体的には、アマゾン又は評価してくれたお客さまに連絡します。

今回はお礼の内容なのに「3」がつけられていたので、
この場合、アマゾンに連絡しても削除はされません。
そのため、お客さまにメッセージを送りました。

アマゾンの評価システムは、分母を増やせば薄められます。
仮に今回の「3」が削除されなくても、「99%の高い評価」でいられたので、
あまり期待せず、ダメ元な感じでした。

メッセージの内容は、自分なりにいくつかのパターンに分けてますが、
今回は返金なしのパターンです。
なんでもかんでも返金するのは得策ではありません。

今回は1日経ってから無事に削除してくれた様子です。
削除してくれたことへのお礼のメッセージを送り、終了しました。

私が作成したアマゾンの出品者評価に関するレポートは、
メルマガに登録して頂くと読めるようになります。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
メールマガジン登録ページはこちら

     
[最終更新日]2014年10月03日

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ